脳梗塞・心筋梗塞治療費と内訳

*
病気の治療費 > 慢性疾患の種類と治療費 > 脳梗塞・心筋梗塞治療費と内訳

脳梗塞・心筋梗塞治療費と内訳

脳卒中と急性心疾患は発症の部位は別ですが、血管が詰まる、狭くなる、破れるといった異常が主に原因となる点は共通する「血管病」です。
脳卒中の約4分の3を占めるのが「脳梗塞」です。

脳梗塞は時間との闘い

脳梗塞

脳梗塞を発症した人の多くは、救急車で搬送され、MRIやCTなどの診断がなされる。
発症して3時間以内であれば、血栓溶解剤を投与して血流を回復させる血栓溶解療法が施される。なお改善が見られない場合はカテーテルなどを用いた血管内治療になる。
ただ、この療法にたどりつけるのは、全国でも5%程度で、多くの場合は壊死組織から発生する有害物質を消去したり、脳圧を下げる薬が投与される。

発症から2週間ほどでリハビリをはじめたり、再発予防の薬物治療を受けることになります。
一般的なケースで、脳梗塞発症から1カ月ほどで退院となりますが、それ以降も診察や薬の処方を受け続けます。
また半年に1度経過を検査することもあります。

脳梗塞の急性期入院と退院後の通院費用を例でみてみると、
入院費が150万円の3割負担で45万円(高額医療費制度を利用して92400円)、通院費用が年間90600円となっている。
社会復帰ができないと、仕事で収入を得られない上に医療費、介護費が必要になるケースもあります。

急性心筋梗塞も時間との闘い

心筋梗塞

急性心筋梗塞で搬送された場合、早急に足や腕の血管から、カテーテル(細い管)を血管が詰まっている箇所まで挿入します。
バルーンで血管を膨らませたりして狭くなっている血管を広げるのです。
血流が再開された後は、主に薬の服用。

入院後歩行などの運動や食事指導などを含むリハビリを開始。
退院後は、2週間に1度定期的な通院によるリハビリや月1回の受診。
半年に1回、入院によるカテーテル検査。

急性心筋梗塞で14日間入院した場合にかかる医療費を例でみてみると、
入院費が150万円の3割負担で45万円(高額医療費制度を利用した場合77000円)
その後の通院、検査にかかる費用は年間90万円(3割負担で27万円)となります。

脳梗塞も心筋梗塞も命にかかわる病気で、医療費も高額になります。
日頃の生活習慣が大きく影響するので、早めに生活改善をしておくことが健康にもお金にも大切なことなのです。

脳ドック受診

東大と共同開発「免疫アップサプリ・ブロリコ」について

免疫を活性化させるサプリ【ブロリコ】
万が一に備えて、生命保険の見直しを
病気やケガの治療費が不安!
万一の際、遺族の生活費が心配!
老後の生活費の備えを!そんな方は今すぐ!
保険相談

脳梗塞・心筋梗塞治療費と内訳関連ページ

高血圧症の治療費
動脈硬化を阻止できれば治療費は低く抑えられる 高血圧は、30歳以上の半数近くが該当する身近な病気ですが、毎年健 […]
脂質異常症の治療費と内訳
脂質異常症は、高血圧と並んで、動脈硬化の主要因。 血液中のコレステロールや中性脂肪が多くなりすぎたり、少なすぎ […]
糖尿病の治療費と内訳
国民病も言われる糖尿病、その予備軍は子供も含めて2200万人以上ともいわれる。 40代以上では男性3人に1人、 […]
慢性腎臓病治療費
健康診断で尿タンパク検査で陽性と出た人。 そんな方は再検査を受けてくださいね。 尿タンパク陽性は、腎臓に異常が […]
うつ病治療費
ストレス社会といわれる時代にいきているあなたも「うつ病」になるとも限りません。 気分が落ち込み、会社に出勤でき […]
アルツハイマー病治療費
高齢化社会をむかえ認知症患者は増え続ける一方です。 認知症のうち半数以上を占めるのがアルツハイマー病です。 認 […]
歯周病治療費
歯周病は、かかってみると非常にやっかいです。 歯周病の発見を遅らせると、入れ歯をしなくいといけない状態になりま […]