慢性腎臓病治療費

*

慢性腎臓病治療費

健康診断で尿タンパク検査で陽性と出た人。
そんな方は再検査を受けてくださいね。
尿タンパク陽性は、腎臓に異常が生じているサインなのですから!

慢性腎臓病は自覚症状が出る前の治療開始が肝心

腎臓全体の機能はなかなか衰えない上に腎機能が低下しても自覚症状がないことが多く、腎不全末期になって受診する人も少なくありません。

腎臓を元の正常な状態に戻す根治療法はありません。
自覚症状が出てからでは、腎機能悪化をとめるのは難しく、ほとんど末期腎不全に進行。
一生、週3~4回通院し、1回に4~5時間かかる透析療法を続けるか、腎移植しかありません。

初期で発見し透析前で食い止める

定期的な検診により初期段階から治療をはじめることが悪化を遅らせます。
初期段階で、禁煙や適度な運動などの生活改善、タンパク質や塩分を制限する食事療法、投薬治療を開始すれば、透析までいかずにすむことが可能になりつつあります。

透析患者の実際の医療費の平均は、
月額38万5000円、年間約460万円と高額なのでビックリするでしょう!
実は、ほとんどの透析患者は自己負担なく、”無料”で治療を受けているって知ってました?

それは、公的医療保険の適用で月38万5000円が自己負担3割の約11万円となり、「特殊疾病療養受療証」の交付を受けると自己負担は上限1万円となります。(70歳未満の高所得者は2万円)。
さらに、地方自治体独自の医療費負担制度によって全額助成対象となる地域が多い。

透析患者には、高血圧症薬が処方されたり、糖尿病が原因の場合はその薬も加わりますが薬がどんなに増えても自己負担額は変わらず、大半の人が無料です。

透析治療を始める患者の4割が糖尿病性腎症だそうです。
慢性になる前に、高血圧や糖尿病を治療して腎臓症リスクを軽減したいものです。

東大と共同開発「免疫アップサプリ・ブロリコ」について

免疫を活性化させるサプリ【ブロリコ】
万が一に備えて、生命保険の見直しを
病気やケガの治療費が不安!
万一の際、遺族の生活費が心配!
老後の生活費の備えを!そんな方は今すぐ!
保険相談

慢性腎臓病治療費関連ページ

高血圧症の治療費
動脈硬化を阻止できれば治療費は低く抑えられる 高血圧は、30歳以上の半数近くが該当する身近な病気ですが、毎年健 […]
脂質異常症の治療費と内訳
脂質異常症は、高血圧と並んで、動脈硬化の主要因。 血液中のコレステロールや中性脂肪が多くなりすぎたり、少なすぎ […]
糖尿病の治療費と内訳
国民病も言われる糖尿病、その予備軍は子供も含めて2200万人以上ともいわれる。 40代以上では男性3人に1人、 […]
脳梗塞・心筋梗塞治療費と内訳
脳卒中と急性心疾患は発症の部位は別ですが、血管が詰まる、狭くなる、破れるといった異常が主に原因となる点は共通す […]
うつ病治療費
ストレス社会といわれる時代にいきているあなたも「うつ病」になるとも限りません。 気分が落ち込み、会社に出勤でき […]
アルツハイマー病治療費
高齢化社会をむかえ認知症患者は増え続ける一方です。 認知症のうち半数以上を占めるのがアルツハイマー病です。 認 […]
歯周病治療費
歯周病は、かかってみると非常にやっかいです。 歯周病の発見を遅らせると、入れ歯をしなくいといけない状態になりま […]