前立腺がん治療費

*
病気の治療費 > がんの種類と治療費 > 前立腺がん治療費

前立腺がん治療費

男性特有の臓器におこる前立腺がん。
年年増えており、その多くは高齢者で60歳から目立ち始め、ピークは70代です。
父兄や兄弟に患者がいると、前立腺がんになるリスクは2倍以上というデータもあります。
比較的ゆっくり進行するので、自覚症状に気付いた時には、かなり進行しているケースもあります。
定期的な検査が肝要です。
低リスクなら根治は可能。治療法に幅広い選択肢があります。

根治的治療の中心は開創手術と放射線治療法

前立腺がん治療がんが前立腺内にとどまっている間は前立腺ごと取り除く根治療法が可能。
切除範囲には、精嚢、精管の一部、膀胱頸部の一部、関連したリンパ節も含まれます。
開創手術や腹腔鏡を使う手術、ロボットによる施術があります。
ただ、手術には、尿失禁や性機能障害など合併症のリスクがあります。

一方、手術と並んで根治的な治療で用いられるのが放射線療法。
低・中リスクの治療に用いられるのが小線源療法。前立腺の中に放射線を発するチタン製のカプセルを埋め込み、臓器内から放射線を照射する治療法。
性機能が温存できることで選択する患者も多い。

放射線外部照射療法は、体外から放射線を当てる方法。
ただし、直腸や膀胱等周囲の臓器まで放射線の影響を受け、合併症を起こす危険性もあります。

最も費用が高額なのが、ロボット手術。
手術に架かる費用は全額自費なので150万円近い自己負担が必要。

◆手術にかかる費用
1:開創手術
検査・入院・手術・投薬など98万6000円の3割負担で29万5800円(高額療養費制度を利用で8万7000円)

2:ロボット手術
手術・入院で177万円。自己負担147万6000円(高額療養費制度を利用で143万1000円)

3:密封小線源療法
入院・検査・手術・投薬などで100万円の3割負担で30万円(高額療養費制度を利用で
8万7400円)

4:放射線外部照射療法
●手術・入院で107万2000円の3割負担32万1600円(高額療養費制度利用で15万4500円)
●通院で45万5000円の3割負担で13万7000円(高額療養費制度利用で11万4900円)

5:内分泌療法
94万円の3割負担で28万2000円
(これには、薬、通院にかかる費用は含まれません)

がん縮小に有効な内分泌療法は負担が重い

持病や体力的な問題で根治療法を受けられない場合は、内分泌療法を適応。
内分泌療法の場合、薬を長い間服用し続けるため、患者への負担は最も重い。

前立線がんはリスクが低ければ治療の選択肢は多いのですが、副作用もありえます。
何を重視するかは個人差があるので、治療法を最終的に決めるのはあなたです。

人間ドック

≪頻用予防や前立腺肥大を予防するサプリメンの人気が高まっています。≫

詳しくはこちらの頻尿予防サプリメントを厳選してランキングをご覧ください。

万が一に備えて、生命保険の資料請求(無料)を

病気やケガの治療費が不安!
万一の際、遺族の生活費が心配!
老後の生活費の備えを!そんな方は今すぐ!

東大と共同開発「免疫アップサプリ・ブロリコ」について

免疫を活性化させるサプリ【ブロリコ】
万が一に備えて、生命保険の見直しを
病気やケガの治療費が不安!
万一の際、遺族の生活費が心配!
老後の生活費の備えを!そんな方は今すぐ!
保険相談

前立腺がん治療費関連ページ

肺がん治療
がんの中で、最も死亡者数の多い肺がんは、 罹患率と死亡率の差が小さく、治りにくいがんのひとつ。 その理由は、小 […]
胃がん治療費
胃がんの羅漢率は男性1位、女性2位と日本人に多い 早期なら95%以上が完治するといわれ、分子標的薬も登場! 早 […]
大腸がん治療費
大腸がんは、胃がんに次いで2番目に多いがんです。 ただし、早期がんなら9割が完治するようになりました。 がんの […]
乳がん治療費とその内訳
日本人女性の25人~30人に1人がかかる乳がんは30歳代から増加し始めて、50歳前後にピークを迎えます。 働き […]